MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

引越し見積もりナビ

引越し業者選びを行う際には、まずは業者に引越しの見積もりをしてもらうところから始まります。
引越しの見積もりをする前にもしっかりと準備をしておくべきポイントもあります。
業者にスムーズに依頼出来るようにどのような準備しておけばよいのかもしっかりと知っておく必要があります。

 

 

 

目次

 

引越し見積もりとは

 

引越し見積もり

 

皆さんはこれまで引越しした経験があるでしょうか。
これまで引越しを経験していないという人も入学や就職、転勤、結婚などいろいろな理由で今後引越しをする機会がある人もたくさんいると思います。
また、近い将来引越しの予定があるという人もいるでしょう。
引越しするとなるとほとんどのケースで、引越し業者に依頼すると思いますが、引越しの予定がある人はどの業者に依頼するかもう決めているでしょうか。
引越し業者はよくわからないけど、どの業者に依頼しても大差はないのではと思っている人もいるかもしれませんが、引越し業者によって全くサービスの内容や質、そして料金も全く異なるのです。
引越しというと人生でも大きなイベントの一つとなる人も多いと思いますし、新しい場所で新しい生活をスタートさせる大切なイベントだと思います。
そんな引越しで失敗しないためにも引越し業者選びはしっかりと行なっていくべきだと思います。
引越し業者選びを行う際には、まずは業者に引越しの見積もりをしてもらうところから始まります。
引越しの見積もりをする前にもしっかりと準備をしておくべきです。
業者にスムーズに依頼出来るようになにを準備しておけばよいのかもしっかりと知っておく必要があります。
初めて引越しの見積もりをしてもらうという人は、見積書を見るのも初めてだと思います。
見積書というと見積額を確認するものだと思っている人もいると思いますが、見積書は見積額を確認するだけのものではありません。
見積書をしっかりとチェックしていなかったために、自分が思っていた内容とは違うものが後から発覚して業者とトラブルになってしまうときもあります。
よって、どのようなところを注意してチェックしていけばよいのかというのも知っておく必要があると思います。
初めての引越しなのでいろいろとわからないところがたくさんあると思いますが、無事に引越しが出来るようにしっかりと準備をして臨んでいきましょう。

 

新居、旧居で確認しておくべきポイント

 

引越し見積もり

 

これから引越しする予定があるという人はたくさんいると思いますが、そのほとんどの人が引越し業者に依頼すると思います。
まずは業者に引越し見積もりしてもらうのですが、引越し見積もりしてもらう前にいろいろと準備しておかなければいけません。
初めて引越しするという人は、引越し見積もりを依頼する前に何を準備しておけばよいのかわからないという人も多いと思います。
引越し見積もりを依頼する際には新居の状況と現在住んでいるところの情報をいろいろと伝える必要があるので、その情報を正確に伝えられるように準備しておく必要があります。
現在住んでいるところであれば、急に聞かれてもすぐに答えられるかもしれませんが、新居を急に聞かれても答えられないと思うので、事前に新居についての情報を確認しておきましょう。
現在住んでいるところと新居の両方で必ず確認しておく必要があるのが、引越し業者のトラックが住居の前まで入って来れ、停められるのかというところです。
仮にトラックが建物の前で停められないとなると追加料金が発生する場合もあります。
特に新居は事前に確認しておかないと分からないという人も多いと思うので、きちんと確認しておきましょう。
この他にも何階建てであるのかや、2階以上の場合はエレベーターがあるのかどうかというのも聞かれるので、分からない人は事前に確認しておきましょう。

 

引越しする日時について

 

引越し見積もり

 

これから初めて引越しする予定があるので、早めに引越し見積もりを依頼しておきたいと思っている人もいると思います。
しかし、まだハッキリと引越しする日時がハッキリと決まっていないという人は、大体の日時で引越し見積もりを依頼出来るのだろうかという疑問をもっている人もいるのではないでしょうか。
結論から言えば、引越し業者に引越し見積もりをする際には、引越しする日時はハッキリとさせておく必要があります。
なぜならば引越しにかかる費用は曜日や時間によっても異なってくるので、一日違うだけでも費用が変わってくるので、日時がハッキリしていないと正確な見積もり額を出すせないのです。
よって、まずは引越し日時をハッキリさせるところから始める必要があります。
引越しをする時期をある程度自由に決められるという人であれば、引越し価格が安くなる日時を選ぶというのもおすすめです。
例えば時間は午前中と指定するよりも時間はいつでもかまわないというようにすれば価格は安くなる可能性が高くなります。また日程の場合は土日よりも平日の方が価格が安くなる可能性が高くなります。また時期については3月から4月だと非常に高くなりますが、6月から7月、または1月などは安くなる傾向があります。
こういった点を考慮して日時を決定して引越し代を安くするというのも非常に良い方法だと思います。

 

業者に運んでもらう荷物について

 

引越し見積もり

 

これから引越しの予定があるという人はとりあえず引越し業者に引越し見積もりを依頼しようと考える人もいると思います。
しかし、荷物の量も把握しないまま引越し見積もりを依頼するのはおすすめできません。
引越し見積もりして引越し業者を決めてから荷物の整理はしていこうと思っている人もいるかもしれませんが、どの荷物を運んでもらってどの荷物は処分するのかは事前にハッキリとさせておく必要があります。
何故なら引越し見積もりをしてもらう時点で、この荷物は運ぶかどうかまだ分からないという荷物がたくさんあると、引越し業者はとりあえず運ぶ物と過程して見積もりをするしかありません。
そうなってくると実際に運ぶ荷物の量よりも多めの荷物量で見積もりするので、本来の価格よりも見積額が高くなってしまう可能性があります。
引越しが決まったら、荷物の整理をするためにまずは要らないものを処分から始めるべきだと思います。
要らないものを処分するだけでも、引越し時に運ぶ荷物の目安がかなりつけやすくなります。
最近では、リサイクルショップでかなり古い物などでも買取してくれるところもあるので、要らなくなったものでもかなり買取してもらえると思います。
買取額はそこまで期待出来ないかもしれませんが、要らないものを引き取ってもらえてしかもお金をもらえるのでリサイクルショップにもっていくというのは非常におすすめだと思います。

 

引越しの見積もり前に申請に必要な荷物を確認する

 

引越し見積もり

 

今後、引越しの予定があるという人もいると思いますし、その際には引越し業者に依頼すると思います。
特に初めて引越し業者に依頼して引越しをするという人は引越し見積もりする前に申請が必要な荷物がないかを確認忘れしないようにしましょう。
引越し見積もり時に申請しなければならない荷物というのはどのようなものなのかと思う人も多いと思います。
申請が必要な荷物というのは、一般の荷物と違って特別な管理や梱包をして特別な運送方法で運ぶ必要があるものです。こういった荷物があるのに引越し見積もり時にきちんと申請していないと、当日になって別料金が発生したり、その荷物の運送を拒否される場合もあります。
申請が必要な荷物の場合は申請がなかったら業者側は運送するのを断る権利があるのです。
具体的にどのようなものが申請する必要があるのかというと、動物や植物、ピアノ、美術品や骨董品などは申請が必要になります。
こういった荷物は運ぶのに特別な機材が必要であったり、その扱いが出来る人やそれを運ぶための人数を用意しなければいけないので、当日急に運んで欲しいといっても対応出来ない場合があるのです。
動物以外のもので、仮に壊れても構わないから運んで欲しいと言えば運んでもらえるかもしれませんが、本当に壊れてしまっても、思うような補償はしてもらえないと思っておくべきです。
このようにならないためにも申請は忘れないようにしましょう。

 

不用品の処分方法を決めておく

 

引越し見積もり

 

これから引越しをする予定があるという人もいると思います。
これまで引越しの経験ががある人なら分かると思いますが、荷物の整理は想像以上に大変なもので、想像以上に手間と時間がかかってしまうものです。
引越し日の直前にやればいいだろうと思っている人もいるかもしれませんが、少しでも早めに準備に取り掛かったほうが良いでしょう。
また、要るものと不用品との区別は引越し見積もり前にハッキリさせておく必要があります。
要るもの要らないものがハッキリとしていなければ引越し見積もり時に正確な荷物の量を伝えられません。
あやふやな荷物は引越し見積もり時には荷物として考えられるので見積額が高くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。
出来るなら、区別をつけるだけではなく早めに不用品は処分しておきたいものです。
不用品を処分すれば、その後の引越しの準備もスムーズに進めていけるようになりますし、必要な荷物の量がわかりやすくなります。
では、どのように処分するかといいますと、不用品の処分方法はいろいろとあります。
不用品回収業者に連絡して有料で回収してもらうという方法もありますし、引越し業者の不用品回収サービスを利用するという方法もあります。
しかし、引越し業者の有料サービスを利用すると手間が省けますが割高になってしまうので、少しでも安くすませたいと思っている人であればリサイクルショップなどで買取してもらうというのも検討してみると良いでしょう。

 

業者に依頼する作業内容を決めておく

 

引越し見積もり

 

引越しをする人の事情は様々なので、自分で出来るものは極力やって引越し業者にかかる費用を少しでも抑えたいという人もいれば、忙しくて引越しの準備にかける時間がないので、引越し業者にやってもらえるものは全部やってもらいたいという人もいると思います。
引越し業者に依頼する作業内容によって引越し見積もりの見積額は大きく異なってきます。
同じ作業であっても業者によってオプションとして有料で行なってくれるところもあれば、サービスで無料で行なってくれるところがあるので、そういった点を事前にしっかりとチェックして、どの作業内容を依頼するのかを引越し見積もりを依頼する前にハッキリとさせておくべきです。
例えば、荷物の梱包や荷造り、そして新居での荷物の開梱、不用品回収などはほとんどの業者で有料オプションとなっているので、自分でやるのか業者に依頼するのかハッキリさせておく必要があります。
その他にも、引越し業者のオプションをチェックしてみると分かりますが、盗聴器発見サービスや害虫駆除サービスのようなものまで引越し業者が行なってくれるのかというようなサービスも有料オプションで行なっているので、いろんな引越し業者のサービスのチェックをおすすめします。
なるべく有料オプションを利用せずに安くすませたいと考えている人は、自分でやらなければならない部分も増えてくるので、なるべく早めに準備に取り掛かった方が良いと思います。

 

引越しの見積もりに来てもらう日を決める

 

引越し見積もり

 

引越しを引越し業者に依頼する場合、まずは引越し業者選びを行なっていく必要があります。
引越し業者によってサービスの質も異なりますし、料金も大きく異なってくるので忙しいからと業者選びを疎かにせずに、いろんな業者を比較した上で選んでいくべきだと思います。
ある程度、業者の候補を絞り込んだら、引越し見積もりを依頼します。
引越し見積もりをしてもらったら必ず契約しなければならないというわけではなく見積額を出してもらってから契約するかどうかを判断出来るので、複数の業者に引越し見積もりしてもらって見積額を比較するのも引越し代を安くするコツになるので、ぜひ実践してみてください。
引越し見積もりは基本的には業者が訪問して荷物の量や運搬以外の作業依頼内容などをチェックした上で見積額が出されます。
よって、まずは引越し見積もりに来てもらう日を決める必要があります。
基本的には自分の都合の良い日時に来てもらいますが、繁忙期などは業者側が訪問出来ない日時もあると思うので、自分が可能な日時は一つではなく、いくつか決めておくとよいでしょう。
見積もりにかかる時間はそれほど時間がかかるものではないので、引越し業者がきて終了するまで30分から1時間位だと思います。
しかし、そのまま契約するケースもあるでしょうし、見積もりに時間がかかると思うのでなるべく時間に余裕がある時に日時を決めるようにしましょう。

 

引越しの予算を決めておく

 

引越し見積もり

 

現在、引越しを引越し業者に依頼する予定がある人であれば、引越し費用が気になるところだと思いますが、引越しの予算は決めているでしょうか。
予算は特に決めてはいないけど、安ければ安いほうがいいと思っている人もいるかもしれませんが、これくらいの予算内におさめたいというのは具体的に考えておくべきだと思います。
引越し見積もりの見積額は業者によって大きく異なるものです。
また交渉を行うと引越し見積もりの見積額から値下げしてもらえるケースも少なくありません。
よって、引越し見積もりしてもらうのも一つの業者ではなく複数の業者に行なってもらい比較するべきだと思いますし、業者と価格交渉をおこなっていくべきだと思います。
しかし、少しでも引越し代を安くするためにと、まだもっと安い業者があるかもしれないといつまでも業者を比較したり、粘って交渉していてもきりがありません。
そこで、予算をしっかりと決めておけば、決断出来るようになります。
しかし、初めて引越しをするという人は引越しの相場が想像もつかなくて予算を決められないという人もいると思いますが、ネットの口コミなどをチェックしてみるとこれまで引越しした人のなかで自分と同じような地域や距離の人がいくらで引越し出来たのかを知れるので、ある程度の相場はわかると思います。
そういった情報や自分の懐具合と相談しながら予算を決めていきましょう。

 

引越し見積もりで訪問見積もりがおすすめの理由とは

 

引越し見積もり

 

これから初めて引越しするという人は今後引越し業者に引越し見積もりを依頼すると思います。
引越し見積もりというと基本的には訪問見積もりしてもらいます。
訪問見積もりというのは、引越し業者の人に来てもらって荷物の量などの確認を行なって見積額を出すというものです。
しかし、まだ生活をしている時点で家にあげたくないという人や、見積もりの立会をする時間がなかなか取れないという人であれば、業者に訪問してもらわず引越し見積もりしは出来ないのだろうかと思う人もいると思います。
引越し見積もりは絶対に訪問見積もりが必要というわけではありません。
電話やインターネットからの申し込みで完結出来る引越し業者もたくさんあります。
よってどうしても訪問見積もりは避けたいというのであれば、そういった方法で見積もりしてもらうと良いと思いますが、出来るなら訪問見積もりで見積もりしてもらった方が良いでしょう。
訪問見積もりで実際に荷物の量を見てもらうと業者は正確な荷物の量を把握出来ますし、トラックが搬入出来るかなど細かいところもチェックできるためにより正確な見積額を出せます。
よって、引越し当日になって、話の行き違いでこの荷物は運べないというようなトラブルや、追加料金が発生してしまうというような可能性をかなり低く出来るという大きなメリットがあります。

訪問見積もりの依頼方法を知る

 

引越し見積もり

 

引越しは人生のなかでも大きなイベントとなる人が多いと思います。
多くの人の場合、人生でそう何度も引越しをしないと思いますし、これから引越しの予定があるという人のなかには初めての引越しだという人もたくさんいると思います。
初めて引越しするという人は、引越しの準備を何から始めたらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
また、引越し業者に引越し見積もりを依頼したいけど、どのように依頼すればいいのか分からないという人もいると思います。
しかし、引越し見積もりの依頼は非常に簡単です。
引越し業者のサイトをチェックすると電話番号が記載されているので、まずはそこに連絡します。
多くの業者の場合、その電話番号は直接業者につながっているのではなく、問い合わせ用のコールセンターにつながるようになっていると思います。
そこで、名前やどこからどこへの引越しなのかというような情報を伝えます。
情報を告げると後で引越し見積もりを行う営業支店から連絡がくるようになるので、連絡先と折り返しの電話が取りやすい時間帯なども伝えます。
すると希望した時間帯に折り返し電話がかかってくるので、そこで改めて引越し見積もりの依頼を行います。
多くのケースでは訪問見積もりになると思うので、業者に来てもらうのに都合の良い日時を事前に決めておくと話をスムーズに進めていけると思うので、連絡が来る前に決めておくとよいでしょう。

 

訪問見積もりの流れと所要時間について

 

引越し見積もり

 

皆さんのなかにもこれから引越し見積もりしてもらうという人もいると思います。
なかには引越しを業者に依頼するのが初めてなので引越し見積もりがどのような流れで進んでいくのかよく分からないので不安だという人もいると思います。
引越し見積もりの方法として一般的なのが訪問見積もりになるので、多くの人は訪問見積もりしてもらいます。
訪問見積もりであれば、荷物の量などを業者が自分の目で確認出来ますし、申込者とも顔を合わせて相談するので、電話やネットだけで見積もりをするケースよりも話の行き違いも少なく、より正確な見積額を出せるので非常におすすめの見積もり方法だと思います。
時間も1時間前後で終わるので、一日中スケジュールを空けておく必要もありません。
その訪問見積もりの簡単な流れですが、事前に打合せしておいた日時に業者がきて荷物の量をチェックします。
完全に荷造りしておく必要はありませんが、要らないものはなるべく処分しておくなど、ある程度整理しておくと良いでしょう。荷物の量のチェックが終わったら、依頼内容を伝えます。
引越しの日時や、梱包など運送以外にやってもらいたいものなどを伝えるので、事前にまとめておくと良いでしょう。次に業者から作業についての説明が行われるので、分からないときは積極的に質問しましょう。
そして、見積額が提示されるので、価格交渉を行なって価格や業者からの説明に納得出来れば契約となります。
必ず即決しなければならないというわけではないので、悩む場合は即決せずに決めたら連絡すると伝えましょう。

 

訪問見積もり時に注意すべきポイントとは

 

引越し見積もり

 

これから引越し見積もりを依頼するという人のなかには初めての引越しで引越し見積もりしてもらうのも初めてだという人も少なくないと思います。引越し見積もりの方法として、一般的なのが訪問見積もりですが、基本的に見積もりしてもらっている間は立ち会うだけで難しくはありません。しかし、訪問見積もり時には注意しなければならないので、初めての人は知っておくと良いでしょう。
まず、訪問見積もりしてもらう際には部屋を片付けしておくというのが基本です。
あまりに散らかっていたり、汚い部屋の場合で業者は引き受けたくないという場合、わざと高額の見積額を提示して申込者が依頼を断るようにするときもあるようです。
また、荷物をある程度整理しておかなければ、業者がチェックしても正確な荷物の量を把握出来ません。
荷物の量が正確に把握出来ないと実際の荷物の量よりも多く見積もりされてしまって見積額が上がってしまったり、想定以上に実際の荷物の量が多くてトラックに入り切らずに追加料金が発生したり、最悪の場合はトラックに入りきらなかった荷物は運ぶのを拒否されるときもあるので、そうならないためにも見積もり時に業者が荷物の量を把握出来るように整理しておきましょう。
また、見積もり時に見られたくないような荷物があるという場合は、事前に別にしておけば業者の見積もりもスムーズに行なえるのでやっておくと良いでしょう。

 

引越し見積もり時の値切り交渉について

 

引越し見積もり

 

現在、引越しするために引越し業者に関する情報をいろいろと集めている人もいると思います。
ネットの情報や口コミなどをチェックしていると、引越し見積もり時には値切り交渉をした方が良いという情報が掲載されていたり、実際に交渉していくら安くしてもらったというような情報を見た人もいると思います。
そこで、本当に交渉すれば安くしてもらえるものなのかという疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。
結論から言えば、交渉によってかなりの確率で値引きをしてもらえるでしょう。
よって、少しでも安くしてほしいと思うのであれば引越し見積もり時に値引き交渉を行なってみる価値があると思います。
現在では、引越し業者は数え切れないくらい存在していますし、その多くの業者から契約を取らなければならないので、値引きをしてでも契約したいというのが業者側の本音なのです。
そうはいっても、会社として利益をより多くの利益を上げるためには必要以上に値引きしたくないというのも業者の本音になるので、しっかりと交渉しなければいけません。
そのためには複数の業者に引越し見積もりを依頼して比較するポイントになります。
複数の業者に見積額を出してもらえば、自分もある程度の相場を把握出来て交渉しやすくなりますし、具体的に検討している業者が他にもあるとアピール出来ます。
ただし、業者の説明も聞かずにいきなり値切り交渉を始めたりなど、マナー違反となるようなものは控えましょう。

 

業者を同時に呼んでもいいのか

 

引越し見積もり

 

引越しは引越し業者にかかる費用の他にもいろいろと物入りでお金がかかってしまうものです。
よって、引越し業者にかかる費用は少しでも安くしたいと思っている人も多いと思います。
そこで引越し業者にかかる費用を安くするコツなど何かないかとネットで情報を集めている人もいると思います。
ネットで情報集めていると引越し業者によって見積額が大きく異なるので、複数の業者に引越し見積もりして比較するべきだという情報がたくさん掲載されていると思います。
そこで自分も複数の業者に引越し見積もりを依頼しようと考えている人も多いのではないでしょうか。
複数の業者に引越し見積もりを依頼する場合、別々に依頼するのではなく、複数の業者を同時にまとめて呼んで見積もりしてもらうというのはダメなのだろうかと考える人もいると思います。
実際、業者にあらかじめ他の業者も同時に見積もりしてもらうというのを伝えると、大丈夫だと答える業者がほとんどだと思うので、事前に業者に確認しておけば同時に呼んでも構わないと思います。
同時に見積もりしてもらうと時間の短縮にもなりますし、業者側も他社と競合しているので良い条件を出してもらえると期待できます。
しかし、全ての業者の説明を聞く必要があるので、どこの業者からの説明だったかわからなくなる可能性がありますし、どこを選ぶにしても即決を迫られると思うので、初めて交渉する人であれば、うまく対応するのが難しいかもしれません。

 

見積もり時のチェックポイント

 

引越し見積もり

 

これから引越しするという人のほとんどは、引越し業者に引越し見積もりしてもらうと思います。
引越し見積もりというと見積額を出してもらうだけだと思っている人もいるかもしれませんが、引越し内容や作業依頼内容の確認などをしてトラブルなく引越しを終えるために大切なものとなります。
引越し見積もり時に見積額がいくらになるのかが気になるのは当然だと思いますが、その他にも見積書を見てチェックしておく必要があるので、そのチェックポイントを知っておいてしっかりとチェックしたほうが良いでしょう。
まず、必ず確認するべきものが荷物の運送条件です。
運送条件には積みきり契約と全積み契約というものがあります。
積みきり契約というのは用意したトラックに積みきれる荷物だけ運ぶという契約で、全積み契約というのはトラックで積めるかどうかに関わらず依頼を受けた荷物は全部運ぶという契約になります。
この運送条件の確認をしていなくて、積みきり契約となっていて当日になってトラックに荷物が全て入りきらなかったとなると、残った荷物は運んでもらえなくなってしまいます。
積みきり契約の場合でも見積もり時に荷物の量はある程度把握しているので、積みきれないというケースはそう頻繁に起こりませんが、忘れないようにしっかりと運送条件の確認をして基本的には全積み契約にしてもらうようにしましょう。

 

単身女性の訪問見積もりについて

 

引越し見積もり

 

引越し見積もりの訪問見積もりというのは引越し業者が自宅を訪問して家の中の荷物の量をチェックできます。
荷物の量を業者が直接見ると正確に把握出来るので、正確な引越し見積もりを行えますし、当日トラックに荷物が入りきらなかったというようなトラブルも防げるようになります。
よって、訪問見積もりは非常に大切なものなのですが、業者の人を家に上げるになるので、単身女性の引越しの場合は男性を家にあげたくないという人や、衣類などの荷物を見られたくないと思う人も少なくないと思います。
そこで、引越し見積もりで訪問見積もりをしてもらう際に、女性スタッフに来てもらうようにお願い出来ないのだろうかと思う女性もいると思います。
しかし、現時点では訪問見積もりの際に女性スタッフを指定出来るという引越し業者はないと思います。
担当スタッフのなかに女性がいる業者であれば、女性スタッフを希望してみるとスケジュールが合えば柔軟に対応してもらえるかもしれないので、一応聞いてみるとよいかもしれませんね。
このように、訪問見積もり時は女性スタッフを指定するのは難しいですが、当日の引越し作業は全て女性スタッフで作業してくれるレディースパックのサービスを提供している業者が増えてきているので、単身女性で男性スタッフを家にあげたくないという人はこういったサービスの利用を検討してみると良いでしょう。

 

見積もり後のキャンセルの連絡について

 

引越し見積もり

 

現在、引越しするために引越し業者選びをしているという人もいると思います。
引越し業者の費用に定価はないため引越し業者によって引越し見積もりが全く異なります。よって、少しでも安い見積額を出してくれる業者を見つけるためには、複数の業者に引越し見積もりしてもらうのが大切になってきます。
複数の業者と対応するのは大変ですが、数万円、場合によっては十万円以上の差があるので、ぜひ複数の業者に引越し見積もりしてもらったほうが良いでしょう。
複数の業者に見積もりをしてもらってそのなかから業者を選ぶというのは、それ以外の業者には断りをいれなければいけません。
見積もりにきてもらったのに断るのが申し訳ないという気持ちがあって連絡をしたくないと思う人もいると思いますし、契約しないのだから連絡せずに放っておけばいいかと思う人もひょっとしたらいるかもしれません。
しかし、わざわざ家まで来て見積もりをしてもらったわけなので、誠意を持って断りの電話をするべきだと思います。
早く断りを入れてあげれば業者側もそれだけ早く次の仕事に移れます。
引越し業者はたくさん存在していて競合していますが業者側がじゅうぶん承知しているので、断られたりするのはしょっちゅうありますし、必要以上に申し訳ないと思う必要はありません。
他の業者と契約してしまったと言えば、しつこく迫られないでしょう。

 

引越し見積もりの見積もり書とは

 

引越し見積もり

 

引越し業者から引越し見積もりをしてもらうと見積もり書を無料でもらうと思います。
初めて引越しをするという人であれば、見積もり書を見るのは初めての体験となる人がほとんどだと思います。
見積もり書に馴染みがない人は単に見積額が掲載されているやつでしょ、と思っている人も多いのではないでしょうか。
そういった人であれば、見積もり書の見積額だけチェックしてあとは目を通さないという人もいるかもしれませんね。
しかし、引越し見積もり時に渡される見積もり書には契約の内容など非常に大切な内容が記載されているものなので、全てにしっかりと目を通しておき、自分が思っている内容と間違いがないかをチェックする必要があるのです。
仮に口約束で引越し業者にお願いしていた作業内容があったとしても見積もり書に記載がされていなければ、約束通りにやってもらえなかったからとしても何の補償もしてもらえません。
よって、口約束だけではなく、業者にやってもらいたい作業内容はきちんとその内容が見積もり書に記載されているかもチェックする必要があります。
見積もり書はそれくらい大切なものなので、見積もり書をもらったら業者がいる間にしっかりとチェックして不明なところは質問してはっきりとさせておく必要があります。
万が一何かトラブルがあった場合はこの見積もり書をみて確認になりますし、もらった見積もり書はなくさないように大切に保管しておかなければいけません。

 

見積もり書か契約書か確認する

 

引越し見積もり

 

近い将来引越しをする際、引越し業者に引越し見積もりを依頼するという人もいると思います。
引越し見積もりを業者にしてもらうと、見積額が算出され、その見積額や荷物の内容や量、契約内容などが記載された見積もり書をもらいます。
この引越し見積もりが終わり、見積もり書を渡された時にサインを下さいと言われたとしたら皆さんならサインをするでしょうか。
見積もり書を渡されてサインして欲しいと言われたのだから、見積もりをしたのを確認したという意味でのサインだと思って、迷わずサインしてしまうという人もいるのではないでしょうか。
しかし、業者によっては見積もり書が契約書を兼ねているというところもあるので、もし契約書も兼ねている見積もり書にサインをしたというと、契約書にサインしたという意味になってしまうので注意が必要です。
サインをした引越し業者にそのまま依頼するのであれば大きな問題にはならないかもしれませんが、仮に他の業者に依頼するとなってキャンセルしたい場合、単なるキャンセルではなく契約を解除するというかたちになるので、解約金が発生する可能性があるので注意が必要です。
おそらくほとんどの人が見積もり書を見るのが初めてだと思いますが、見積もり書か契約書か確認しても分からない場合は、業者の人に直接これは契約書なのか見積もり書なのかハッキリと確認をした上でサインするかどうか判断するようにしましょう。

 

引越し日時の確認について

 

引越し見積もり

 

初めて引越し業者に依頼して引越しするという人はトラブルなく無事に引越しを終えられるのだろうかと不安な人も多いのではないでしょうか。
これから引越しをして新しい生活をスタートさせようとしているわけですし、業者に支払う費用も安いものではないので、引越しで余計なトラブルを起こしたくありませんよね。
よって、トラブルが起きないためにも自分で努力できるものはやっておくべきだと思います。
自分で出来る一つとして、引越し見積もりの際に受け取る見積もり書をしっかりと確認するのもトラブルを防ぐためには非常に大切です。
引越し見積もりをしてもらってから受け取る見積もり書には見積額だけではなく、荷物の量やオプションサービスの内容など契約の内容が全て記載されています。
もちろん見積もり書の隅から隅まで確認するべきですが、特に注意してみるべきところの一つが引越し日時の確認です。
万が一引越し日が間違っていたら大変ですよね。
特に長距離の引越しで荷物の搬出日と搬入日が異なる場合は特に搬入日に間違いがないかしっかりと確認するようにしましょう。
また日にちだけではなく、時間も確認するようにしましょう。
時間を指定していない場合はフリー便となっていると思います。
フリー便というのは業者の都合によって何時になるかわからない分、料金が安くなるというものです。
場合によって夕方になるので、それでは困るという場合は、午前中に指定したりすると良いでしょう。

 

トラックのサイズや作業人数の確認する

 

引越し見積もり

 

引越し業者に引越し見積もりしてもらうと見積もり書をもらうのですが、見積もり書の内容を確認するのは非常に大切なので、後からトラブルにならないためにもこれから引越し見積もりを依頼するという人はしっかりと確認して分からない点は引越し業者に質問するようにしましょう。
見積もり書の内容は全て目を通すようにするべきです。
見積もり書を見てみるとトラックのサイズや作業人数も記載されているはずなので、しっかりとチェックしましょう。
トラックのサイズや作業人数は引越し業者が業者の都合で決めるだろうしこちらが確認しなくてもいいのではと思う人もいるかもしれません。
しかし、思ったより荷物が多かったり、人数を増やさないと出来ないような作業があるのに申告していなかった場合など、見積もり書に記載されているトラックの荷台に荷物が入りきらなかったり、人員が不足してしまったりすると追加料金をとられたり、荷物を運んでもらえなくなってしまう可能性もあるので、しっかりと確認する必要があります。
特に契約が積みきり契約となっている場合は、トラックに入るだけの荷物しか運んでもらえないので、注意が必要です。
ちなみに一般的な荷物の量であれば2トンロングトラックを使用して人員は2人というのが一般的だと思います。
しかし高層階でエレベーターが無い場合や、トラックを駐車禁止のところに停車しなければならない場合などは人員を1人増やす必要があります。

 

オプションサービスを細かくチェックする

 

引越し見積もり

 

現在、引越し業者選びをしていて複数の業者から引越し見積もりをしてもらって引越し業者を比較しているという人は引越し見積もりしてもらった際に業者から見積もり書をもらったと思います。
その見積もり書を確認しながら業者を比較していくといいわけですが、見積額以外、どこをどのようにチェックしていけば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
見積もり書のなかでも特に細かくチェックするべきところが付帯サービス(オプションサービス)のところです。
引越し見積もりの見積額は基本作業の費用にオプションサービスの費用を加えたものになります。
基本作業というのは、荷物の搬送や積み下ろしなど、必ず行なう作業でオプションサービスは荷解きやエアコンの取り外しなど申込者が希望すれば有料で行なうサービスです。
よって、オプションサービスは人それぞれになるので、自分が希望したオプションサービスがきちんと見積もり書に記載されているかを確認するべきです。
確認する際には逆に自分には必要のないオプションサービスが入ってしまっていると余計に費用がかかってしまうので、必要のないオプションが入っていないかもチェックするのを忘れないようにしましょう。
業者に口頭でこのオプションをつけてほしいと頼んでおいてもこの見積もり書に記載がなかったら、そのサービスは行われないので、後でトラブルにならないためにもしっかりと確認しましょう。

 

費用を見る際に業者に確認するべき点とは

 

引越し見積もり

 

引越し業者に引越し見積もりしてもらう際に気になるのはやはり見積額だと思います。
見積もり書をもらったらまず目がいくのが見積額だという人も多いのではないでしょうか。
なかには複数の業者に引越し見積もりしてもらって見積額を比較して依頼する引越し業者を選ぼうとしている人も多いと思いますが、見積額だけを見て判断してしまわずにいろいろと確認をした上で業者選びは行なうようにしましょう。
見積額に関しては、当日に追加料金が発生する可能性はあるのか、もし追加料金が発生する可能性があるのであればどのようなケースで発生するのかもしっかりと確認しましょう。
また、支払いは当日に現金払いするのが一般的で、お釣りがないように準備しておく必要があります。
よって、見積もり書に記載されている見積額は消費税込なのかも細かいですが確認しておきましょう。
もし、当日の現金払い以外の方法を希望するという人であれば、現金払い以外の支払い方法があるのかという確認も見積もり書をもらった時点で確認しておくと良いでしょう。
また、見積もり書の見積額以外の内容もしっかりとチェックを忘れないようにしましょう。
特にオプションサービスは自分が希望している通りになっているかの確認は確実に行なっておきましょう。
余計なオプションがついていて余分な料金がかかっていたり、希望しているオプションサービスが抜けていて当日そのサービスを受けられないとならないように注意しましょう。

 

引越しの見積もり額が安くなる時期を知る

 

引越し見積もり

 

引越しをする人の理由は人それぞれだと思います。
この時期に引越ししなければいけないと引越しする時期が限られている人も多いと思いますが、ある程度時期は選べるという人もいると思います。
そういう人であれば、引越し見積もりの見積額が安くなる時期を狙って引越ししてみるのも非常におすすめです。
引越し代を少しでも安くしたいと業者選びをしている人もたくさんいると思いますが、安くなる時期を狙うというのも非常におすすめです。
引越し見積もりの見積額は時期によって異なりますし、休日、曜日によっても異なるので一日違うだけでも異なるケースがあります。
よって、引越し見積もりで見積額が安くなるような日を狙って引越しをすれば、かなり引越し代を安くできるので、時期を選べるという人はそういった時期をぜひ狙っていくべきでしょう。
まず、月ごとに見てみると3、4月というのは学生や新社会人などの引越しが増えるため繁忙期となり費用もかなり高くなります。
3、4月を除いた通常期のなかでも1月、2月、6月はどこの業者も比較的見積額が安くなる時期になります。
また、上旬、下旬と比べると中旬が安くなる傾向にあるようです。
さらに曜日に注目すると土日よりも平日の方が安くなり、さらに平日のなかでも水曜日がもっとも安くなると言われています。
こういった点を参考にして自分の出来る範囲で価格が安くなる時期を検討してみてはいかがでしょうか。

 

最適なプランで引越し見積もりしてもらう

 

引越し見積もり

 

近いうちに引越し業者に引越し見積もりをしてもらう予定がある人は、引越し見積もりの際に業者にしっかりと相談して自分に合った最適なプランで引越し見積もりしてもらえるように努力すると引越し代を安くするコツになります。
現在、引越し業者はたくさん存在しています。
よって引越し業者は数ある業者のなかから自分の業者を選んでもらうために、様々な引越しプランを用意している業者が増えてきています。
単身パックや混載便などは多くの引越し業者が行っているプランで聞いた人もたくさんいると思います。
長距離の引越しの人は混載便プランを検討してみるのは非常におすすめです。
普段は申込者1件に対して1台のトラックを使用して荷物の搬送するのですが、混載便の場合は、一台のトラックに自分の荷物だけではなく同じ方面へ行く別の申し込み者の荷物も積んで搬送するというものです。
1台のトラックで数件分の荷物を運べるので、運送費用を抑えられるため、引越し見積もりの見積額を安くできるのです。
ただし、同じ方面への依頼者がすぐに見つかるとは限らないので、輸送日がいつになるかは指定出来ません。
よって、ある程度引越しの日程の調整に融通が利くという人に向いているプランになります。
このように、混載便一つを例にとってもそのプランに向いている人、不向きな人があるので、依頼者の話を聞いて、最適なプランを提案してくれるような業者を選んでいきたいものです。

 

自力の引越し見積もりとどちらがお得か

 

引越し見積もり

 

もうすぐ引越しをするという人のなかには自力で引越ししようか引越し業者に依頼しようか悩んでいる人もいると思います。業者に引越し見積もりの見積額を出してもらった人のなかにも、引越し見積もりの見積額をみてやっぱり結構な額になるのだなと思ってそれなら自力でやろうかと考えたり、自力で引越ししたら安くすませられるだろうからと自力で出来ないだろうかと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、自力で引越しするとなると想像以上に大変です。
自分の車で運ぶとなれば新居まで何度も往復して荷物を運ぶでしょう。
その移動の時間もかなりのものとなるでしょうし、ガソリン代がかかります。仮にレンタカーを利用するとなるとさらにレンタカー代もかかります。
そして、何より大切な荷物を運んでいる際に破損させてしまうというリスクが大きなデメリットとなります。
もちろん引越し業者に荷物を運んでも破損や紛失のリスクはありますが、引越し業者は荷物の取り扱いのプロフェッショナルですし、素人が扱うよりもリスクは低いと言えるでしょう。
そして、万が一荷物の破損や紛失などがあった場合、引越し業者であれば補償してもらえますが、自分で破損してしまった場合は何の補償もありません。
もちろん自力での引越しを否定するわけではありませんが、このような点を考えると、容易に自力でやろうと考えるのはおすすめできません。
もう一度荷物の破損などを考慮した上で判断してみると良いでしょう。

 

引越し見積もりしたら荷物の量を減らそう

 

引越し見積もり

 

現在、少しでも引越し代を安くするためにいろんな引越し業者をチェックしたり、引越し見積もりを依頼して見積もり額を比較したりしている人もいると思います。
引越し代を安くすませるためには業者選びはすごく重要ですし、複数の業者に引越し見積もりを依頼するなどの努力はしていくべきだと思います。
しかし、業者選びに力を入れるだけではなく、荷物の量を減らすというのも、引越し代を安くする大きなコツになります。
荷物が少なくなれば、小さなサイズのトラックですんだり、引越しの作業時間の短縮や作業人数を減らせたり引越し代が安くなります。
引越しを良い機会として家にあるものを減らしてスッキリしてみてはいかがでしょうか。
荷物の量を減らすコツの一つとしておすすめなのが、早めに荷物の整理に取り掛かるというものです。
引越し直前になってドタバタと整理してしまうと、処分するかどうか判断する時間をとれないためとりあえず取っておこうと考えてしまいがちで、荷物が増えてしまいます。
荷物をじっくりとチェックしてみると、1年以上使用していないというものもたくさんあると思います。
もちろん思い出の品は処分する必要はありませんが、ひょっとすると使うかもしれないというもので1年以上経過しているものは今後も使わない可能性が非常に高いと言われています。
リサイクルショップに買取してもらえば、その資金を引越し資金にまわせますし、なるべく荷物の量を減らしてみましょう。

 

引越し一括見積もりサイトについて

 

引越し見積もり

 

今から引越し業者選びを行うという人のなかには初めての引越しだという人も多いと思います。
引越しが初めてで引越し業者についてよくわからないから、テレビのコマーシャルなどでよく見るような大手の引越し業者に引越し見積もりを依頼しようかと考えている人も多いのではないでしょうか。
もちろん誰もが知っているような大手の引越し業者であれば質の高いサービスが期待できますし、安心して引越しを任せられるでしょう。
しかし、大手ではなくてもサービスの質が良い引越し業者もたくさんありますし、大手よりもかなり安い価格の業者も少なくありません。
よって、大手の業者だけではなく、いろんな業者に引越し見積もりを依頼して比較するのをおすすめします。
でも、複数の業者に引越し見積もりを依頼するとなると大変そうだし、そもそもそんなに複数の引越し業者を知らないという人がほとんどだと思います。
そういった人であれば、引越し一括見積もりサイトを利用してみると良いでしょう。
引越し一括見積もりサイトとは、そのサイトに引越し業者が複数登録をしていて、申込者が引越し見積もり依頼を出すと、その登録している業者にまとめて依頼できるのです。
この一括見積もりサイトを利用すれば、引越し業者を知らない人でも複数の業者に簡単に依頼できますし、複数の業者の見積額を比較して業者選びを行えるのです。
気になる人は一度サイトをチェックしてみてください。

 

引越しのダンボールについて

 

引越し見積もり

 

近々、引越しする予定があってそろそろ荷物の整理を始めなければいけないと思っている人のなかにはダンボールはどうしようかと思っているもいるでしょう。
引越し業者に依頼をせずに自分で引越しをするつもりだという人であれば、ダンボールを自分で調達する必要がありますが、引越し業者に依頼するつもりだという人であれば、引越し見積もりの際にダンボールを受け取れます。
しかし、引越し業者のダンボールを使用する場合、引越し見積もりの見積額がその分高くなってしまうのではないかと思う人もいるかもしれません。
現在では、ほとんどの引越し業者がダンボールは無料サービスとして提供してくれると思うので、引越し見積もりの見積額には影響しないでしょう。
引越し業者は大量のダンボールが必要とするため、いっぺんに大量発注したり生産したりしているので、ダンボールかかるコストをかなり抑えられるため、ダンボールを無料提供できるのです。
よって、逆にダンボールは自分で調達するからその分見積額を安くしてほしいと交渉しても、思うような値引きをしてもらうのは期待出来ないでしょう。
よって、少しでも安くしてもらおうとダンボールは業者に頼まないという方法は効果的ではありません。
ただ、訪問見積もりではなくネットや電話のやりとりだけで見積もりが終わり、ダンボールは後日配送するという場合であれば、その配送を断って自分で用意すると、見積額を安くしてもらえるかもしれません。

 

引越し見積もりしたら要らないものはリサイクルショップで売却しよう

 

引越し見積もり

 

引越しの準備で大きな手間になるのが、要らないものの処分だと思います。
これから引越し業者に引越し見積もりを依頼する予定だという場合、要らないものは処分してから引越し見積もりしてもらった方が、引越し見積もりをする引越し業者も荷物の量を把握しやすくなります。
要らないものを処分するとなると、まずは要るものと要らないものを区別しなければいけませんが、もう使用していなくておそらく今後も使う可能性は低いだろうというものであっても、いざ処分するとなるとなかなか踏み切れなくて取っておきたくなるものですよね。
しかし、要らないものをたくさん処分出来れば、その後の荷物の整理もしやすくなりますし、引越しをして新しい生活始めるのをきっかけに思い切って要らないものは処分してみてはいかがでしょうか。
要るものと要らないものを区別してみると想像以上に長い期間使用していないものがあると思います。
そういったものの処分方法でおすすめなのがリサイクルショップで買取してもらうという方法です。
現在では多くのリサイクルショップがありますし、状態が悪いものであっても意外と買取してもらえるというケースが多いのです。
お店によって出張買取サービスを行なっているところもあるので、処分したいものがたくさんあるという人はそういったサービスを利用してみると良いと思います。
高額で買取してもらえるというのは期待出来ないかもしれませんが、要らないものを処分出来て多少お金をもらえるのであればじゅうぶんではないでしょうか。